いなほクリニック

診療案内

認知症・もの忘れ外来

認知症の診断、治療、支援を行います

認知症の診断には、神経心理検査や画像検査が有用ですが、神経心理検査は認知症を専門とする心理士が行い、画像検査は連携する医療機関の設備を利用して行います。
治療は、認知症自体はもちろん、経過中に生じる様々な行動・心理症状や、身体合併症にも対応します。
介護上の相談や、医療と介護との連携には、認知症ケア専門士である看護師もお手伝いします。
病気が進行し、受診が困難となれば、訪問診療にも応じています。
病初期から終末期まで、認知症のあらゆる段階で、ご本人とご家族を支えます。

こんな場合はご相談ください

  • 時間や場所の感覚が不確かになってきた
  • 何度も同じことを言ったり、聞いたりする
  • 薬の管理ができなくなった
  • 以前好きだったことや、趣味に対する興味が薄れた
  • なんでも億劫がるようになった
  • 慣れている場所なのに、道に迷う
  • 鍋を焦がしたり、水道を閉め忘れたりが目立つようになった
  • 料理のレパートリーが極端に減り、同じ料理ばかり作るようになった
  • 人柄や性格が変わったように感じられる
  • 映画やドラマの内容を理解できなくなった
  • 夜中にうなされていることがある
  • 動作が急に止まることがある
  • 不安、ゆううつ、眠れないなどの症状や、発汗、めまい(立ちくらみ)
    便秘などの自律神経症状が認められる

1回目の診察

1
事前問診症状、既往症、服薬内容などのヒアリングとともに、簡易認知検査、日常生活動作、介護負担度などの評価を行います。
2
診察事前問診の内容をもとに、医師による診察を行います。
3
検査血液検査、神経心理検査、画像検査(MRIやSPECTなど)を実施します。画像検査は連携先の医療機関に依頼します。

2回目以降の診察

4
治療検査結果にもとづいて診断と治療方針を決定し、治療や介護支援を行います。

代表的な認知症

  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症
  • 脳血管性認知症
  • 前頭側頭型認知症
  • 軽度認知障害
  • 若年性認知症
  • その他の認知症

心療内科・老年精神科

心や身体の不調や悩みはありませんか?

心身の不調に気づいたらご相談ください

こころは目に見えませんから、こころの病気は分かりにくく、周囲に気づかれず、理解されにくいこともあります。
しかし、こころの不調は誰でも経験しうるもので、こじらせれば一人で解決することが難しくなります。
心身の不調に気づいたら、ご相談ください。
適切な対応によって回復することは多く、悩みや思いを言葉にすることで、回復への糸口に、ご自身で気づくこともあります。
人の数だけこころがあり、この分野の医療に万能の薬はありませんが、ともに考え、一人ひとりに合った解決方法を提案します。

代表的な疾患

  • うつ病
  • 不眠症
  • パニック障害
  • 不安障害
  • 統合失調症
  • 双極性障害(躁うつ病)
  • 適応障害
  • 社会不安障害
  • 強迫性障害
  • 発達障害
  • 自律神経失調症
  • 心身症
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • てんかん

こんな場合はご相談ください

  • 時間や場所の感覚が不確かになってきた
  • 昼間に強い眠気がある
  • 気分が沈んで、何もする気が起きない
  • 好きなことや趣味に興味がもてない、楽しくない
  • 会社や学校に行くのがおっくう
  • 食欲がない、美味しくない
  • もの忘れが目立つ
  • 人の多い場所で動悸がしたり、息切れがする
  • 人前に立つとひどく緊張する
  • 人にみられている気がして落ち着かない
  • いらいらする
  • 仕事に集中できない
  • ガス栓や鍵を閉めたか気になって、何度も確認を繰り返してしまう
  • 検査で異常が見あたらない身体の不調に悩まされている

プライマリケア・老年内科

日常の健康問題に幅広く対応しています

日常の健康問題に幅広く対応します

発熱、頭痛、アレルギー、高血圧など、日常的によくみられる健康の問題についての治療や、予防接種、健診を行います。
より専門的な医療、検査を要する場合や、入院が必要な場合は、連携先の医療機関や専門医を紹介します。


高齢者の生活の質の向上を目指します

高齢者のさまざまな健康上の悩みや、介護上の問題について、ご本人やご家族の相談に応じます。
高齢者は加齢に伴う変化とともに、複数の慢性的な病気を抱えていることが多く、症状の現れ方や、薬剤に対する反応も、若年者とは異なるものです。
これらの特徴を踏まえながら、一つの病気にとらわれず、ご本人にとっての生活の質を、より良く、より長く保つことに主眼を置いた診療を行います。

代表的な疾患

  • かぜ
  • インフルエンザ
  • 胃腸炎
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 骨粗鬆症
  • 痛風
  • 花粉症など